家族とは違う他人とのつながりを

学校に行けないことで、親が心配するのは学業を含む能力の発達のことだと思いますが、専門家から見ると、学校に行けないこと自体は、子どもの発達にとって特に大きな問題ではありません。

しかし、学童期の子ども達が学校に行けないことで、得られないモノが一つだけあります。

それは、「人とのつながり」です。

この時期は、「人とのつながり」、例えば、友達や先輩・後輩、先生を通して、今までの自分や自分の家庭とは違う考え方や物の見方を知ったり、成長に伴う不安や葛藤を共有したり、人に頼ったり頼られたりしながら自分らしさを追求していきます

しかし、学校に行けない子ども達は、人とのつながりが持てないことで、家庭の価値観だけにしばられ続けたり、不安の共有ができずに一人で抱え込んだり、人に上手く頼ることができず一人で頑張り過ぎたりしてしまいがちです。

しかも、「家でおとなしくしているから大丈夫だろう」と家族もこの問題を重大視することがなく、そうしているうちに時間だけが過ぎてしまい、子どもが一人孤独に、長く苦しむことになりかねません。

さらに、耐えがたい孤独感から解放されたくて、「つながり」を求めてネット社会の危険なドアを叩いたり、依存対象物に手を出してしまったり、将来的に様々な問題に巻き込まれてしまう可能性もあります。

それを防ぐためには、たった一人でも、違う年齢でも、「友達」まで行かなくても、「家族とは違う他人とのつながり」を作ることが大切になってきます。

おやこフリースクールでは、スタッフや他の子ども達と、安全につながることができます

そして、たくさんの会話を通して、他人の話に共感したり、自分を受け入れてもらったり、アドバイスをもらったり、新しい価値観を得たりすることで、他人と付き合うコツや、「自分らしさ」を見つけるヒントを得ることができます

誰にも分かってもらえない、自分は一人だけだと思っていた世界が、広がりを持ち始めます。

そして、「人とのつながり」が広がっていく中で、いよいよ自立に向けた様々なトレーニングを開始していきます

勉強も自立トレーニング

勉強に関しては、すぐには始めずに、ある程度エネルギーが溜まってきたことを確認してからのスタートになります。

教材は、基本的にご家庭で準備していただきます。学校の教科書やワーク、その他好きな課題を持ってきてください。こちらでもいくつか教材を準備していますので、それらを使うことも可能です。

やること・やる量も本人と相談して決定します。

学年に合わせて、国語・数学(算数)・英語の3教科を中心にスタッフがサポートしていきます。

※ 勉強がメインの学習塾ではありません。スタッフは先生ではなくサポーターとして、子どもの意志を一番に、学習を支援していきます。また、学校の学習過程とは異なる進み方をすることがございますので、ご了承下さい。